ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< まじっすか?考古学3 | main | 明日からがんばるぞ!0(^^)0―☆ >>
2009.06.11 Thursday

まじっすか?考古学(FINAL)

ここまで日本人とユダヤ人とのつながりを
ランダムに紹介したのですが

他にも繋がる類似点はめちゃくちゃ多いですね。

あまりに多すぎて全部掲載したら掲載が終わる頃には
飽きられてアクセス数1とかになってそうでしたので
簡単に載せてみました!

日本には確かに中国から来た文化も相当数あります。
漢字や建築物やたくさんの文化。

しかし日本神話や神道、また古くから伝わる
言葉などは全く別物で日本の考古学者も手探りで探っている状態です。

日本列島に紀元前から住んでいたと言われる縄文人もなぞの多い民族であることは確かですし・・・・

まあ、ある意味、この日ユ同祖論は科学的、歴史学的に証明できても
してはいけない歴史なのかも。

本当に12支族の末裔が極東の日本の王室で今も存在するとなったとき
ややこしいパレスチナ問題も日本は無関係ではなくなってしまうし

旧約聖書のアブラハムからはじまる歴史も根底から覆される可能性もでてくるし。

日本の天皇家にしても実はユダヤの一部族の一派だった。とゆうのも微妙な話になって日本の歴史もまったく違うものになってくるしね。

これはファンタジーとして片付けた方がよいのかもね。

しかし世界の考古学者の中ではこのつながりを真剣に研究している研究者は
意外といて南アフリカの考古学者に至っては遺言で
「自分の遺産はすべて日ユ同祖論の研究に使ってくれ」とイスラエルの研究グループに寄付した人もいるとか。

日本には今、2〜3000人のユダヤ人が住んでいるらしく
また旅行者やビジネスで来日する人も相当数いるんだとか。

そのユダヤ人の多くが、日本に対して強い関心を示し、
ときには異様とも思えるほどの親近感すら寄せることがあるらしいです。

特に複数のユダヤ人研究家が実体験を元に、日本への不思議な気持ちを執筆した本の中で紹介しているのですが

その中でも

「ラビ」

という称号もつユダヤ人の日本に対する発言は注目されます。

なぜならば、「ラビ」という称号は、

学識豊かなユダヤ人社会における宗教的指導者にのみ与えられる称号であり、その者の発言はユダヤ人社会全体を代表するくらいの影響力のあるものらしいです。

日本で言うなら東大教授で徳の高いお坊さんといったところでしょうか??

ラビ・V・M・ソロモンは著書『ユダヤ人の秘密』抜粋

「日本に来ると間もなく、ずっとここに住んでいたのではないかと思うほど、日本人に親しみを感じた。……(中略) 私は日本に来てから、日本の国内を数千キロにわたって旅行した。そのたびに日本のしきたり、ものの考え方、哲学といったものの中に、ユダヤ人と非常に似ているところがあるのに気付いた……(中略) 日本から出て行くたびに、日本に一日でも早く戻ってきたいと思うようになってきた……」


●ラビ・マーヴィン・トケイヤー著書『ユダヤと日本・謎の古代史』

「キリスト教徒たちは日本の空港に着いた時から、全く混乱した違和感を感じているだろうが、ユダヤ人の旅行者に限っては、何か家に戻って来たような親近感があり、国技館で見る相撲の力士が行なう塩を土俵にまく動作にも、奇妙さを感じないのである。ユダヤ人であれば、その意味は即座に理解できるからである。」

「心情的にユダヤ人は、日本人と非常に近いものを持っていると感じ取っている。だから、現在まで書かれた世界史には全く書かれていない何かが、日本人とユダヤ人の間に存在するかもしれないというロマンチックな夢が、ユダヤ人の心に潜んでいるのである。これは神秘的な歴史の謎といえるかもしれない……」

●モルデカイ・モーゼ著書『あるユダヤ人の懴悔・日本人に謝りたい』

「個人的交際においても、日本人は対外となると、古来の伝統的美徳を完全に発揮している。しかしそれに対して一般外国人は、これを全く理解する能力がないと言わねばなるまい。このために日本人はどれだけ損をしていることか。私はこのようなことがいつまでも続くことを耐え忍ぶことはできない。手前勝手なようだが、ユダヤ人はこの日本人の特性をある程度理解でき、したがってそれなりのお返しを日本にできる唯一の外国人であると自負している……」

その他たくさんあるのですが3例ほど掲載いたしました。

また20世紀の天才ユダヤ人発明家「アインシュタイン」も20世紀初頭に来日し40~50日ほど滞在し、日本人のやさしさや勤勉さに深く感銘したとか。
後に自身が発明した原爆をアメリカが日本に落としたと聞いて

「なんてことをしたんだ!」

とうめいたと言われています。

シオニズム運動(選民主義)(選民思想)のような民族性のユダヤ人(違ってたらすいません)そのユダヤ人の中でもラビの称号を得た宗教的指導者がこのような事を発言すること自体異様なのかも。

ままっ基本眉つばもののファンタジーです。笑

(アトランティス大陸とかよりは信憑性のあるものだと思いますが笑)

神社や歴史的建造物も

「実はこれは・・・・?」

なんて具合に見るとさらに楽しくなるかもしれませんね!

*いくつかの関連サイトの記事を抜粋した文もあります。

*あくまでファンタジーとしてお読みください。
私は基本的に詳細な知識等ございませんので間違いや疑問点などありましてもご愛敬!


・・・・おれは今回色々調べて信じたとゆうかもしそうだったら太古のロマンを感じずにはいられませんね。

まあ簡単にまとめると人類はつながっている。とゆうことだと思います。


古代イスラエルの紋章
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album